HISTORY of Kujaku Gallery


                          東山魁夷先生スケッチに同行する



孔雀画廊について

1958年東京宝町に設立。創立者小関文吾は、小林古径・杉山寧画伯等の孔雀の絵に感銘し孔雀画廊と命名いたしました。また、画廊のロゴマークは杉山寧画伯に書いていただいたものです。同画廊は、日本画家を専門に、東山魁夷、杉山寧、高山辰雄、山本丘人、平山郁夫、上村松篁、などの展示企画展【五山会】【孔雀会】を開催いたしました。現在、代表取締役社長伊賀静雄は、1985年に独立、継承し25年東京銀座に画廊を構え、日本画・洋画企画展、百貨店企画販売、美術館等にも数多く作品を収めてきました。


Kujaku Art Gallery was originally founded in Takaracho, Tokyo in 1958. Founder Bungo Ozeki named his gallery Kujaku Art gallery from Yasushi Sugiyama' s work "Kujaku".

And also, symbolmark was designed by Yasushi Sugiyama. We specialize in japanese artist,

and opened the art exhibition of Kaii Higashiyama,Yasushi Sugiyama,Tatsuo Takayama, Kyujin Yamamoto, Ikuo Hirayama, Shoko Uemura, and more.That was called "Gosankai" and "Kujyakukai".   In 1985 , Shizuo iga succeded to his gallery and started to open his gallery in Ginza, Tokyo. He has been running his gallery for 25 years in Ginza, and collected so many works of art for Japanese & Europeanart exhibition, a department store, and an art museum.






                                   上村松篁先生


                                   杉山寧 先生


店主について

1967年孔雀画廊に画商として修行に入る、当時は高校生であったが仕事、学業、スポーツを両立し、スピードスケート競技で数々遠征後、1978年にはショートトラックスピード英国世界大会(バーミンガム)において、1500m世界新2分35秒18記録を創り、1985年、独立してからは、若手日本画家5人(小森精一・杉本洋・東俊行・平岡栄二・村田林蔵)の企画展『綵』を開催しました。また1989年、ドイツハンブルグでの東山魁夷個展の際、画伯に同行いたしました。


Shizuo iga entered Kujaku art gallery and started to train himself for art dealer in 1967. He was high school student at that time.

After becoming independent in 1985, He planned an exhibition which was called "Sai" for young Japanese artist. And also, he supported the art exhibition of Kai Higashiyama in Humburg, Garmany in 1989.

0コメント

  • 1000 / 1000

孔雀画廊

kujaku gallery art space